アルミニウム製品は、原材料から加工、成形に至るまで、どのようなプロセスを経てきましたか?

アルミ精密鋳造はアルミ製品にできます。スケールや形は異なりますが、正確なサイズ、絶妙な外観、安定したパフォーマンスは、人々と人々に利益をもたらし、人生のために異なる色を構築することができます。私たちの生活の中には、アルミ板、アルミチューブ、アルミフレーム、アルミシェルなど、私たちの生活のあらゆる側面をカバーするアルミ製品の会社が常にあります。いずれも精密加工を施したアルミ製で、原材料は同じですが、最終的な用途や役割が異なり、さまざまなアルミ製品を形成しており、加工フローによって決まるアルミ製品です。

アルミニウム製品の加工フローは、成形後にどのような役割を果たすべきか、またはどのような役割を果たすべきかを決定します。したがって、アルミニウム製品の加工は特に重要です。原材料から成形までのアルミ製品を見てみましょう。経験豊富なプロセス。

Aluminum products from raw materials to processing and forming1

1.ダイカスト成形
アルミニウム製品の種類ごとに特定のサイズ要件があり、簡単に使用できるように正確で洗練されている必要があります。これには、アルミニウム製品加工メーカーが、大量生産と精製製造を実現するために、熟練したダイカスト成形技術と型開きのカスタマイズ機能を備えている必要があります。ダイカスト成形とは、アルミニウムを一定の温度に加熱し、アルミニウム合金を溶かした後、金型に注入し、冷却して成形した後、金型から取り出して複雑な形状のアルミニウム製品を成形することです。正確な寸法。
2.研磨
アルミニウム製品を成形した後、金属表面に粗さ、凹凸、引っかき傷、バリ、粒子などが生じます。このようなアルミニウム製品は美しくも完全でもないため、成形後に研磨する必要があります。表面は磨かれています。一般的な研磨方法には、機械研磨、化学研磨、電解研磨などがあります。磨き上げられたアルミ製品は、鏡のように傷がなく、滑らかで滑らかできれいな表面です。
3.描画
アルミニウム製品は、金属自体の硬度が高いだけでなく、アルミニウム製品自体の独特の金属の質感の点でも、セラミック、木材、プラスチック、その他の材料とは区別されます。アルミ製品は生活に有利であり、金属の質感は欠かせません。人々がもたらす落ち着いた雰囲気の美しさ、そして引き抜き工程は、アルミニウム製品の加工と成形の過程でアルミニウム製品の金属の美しさを高めるためによく使用されます。
伸線と研磨はどちらもアルミニウム製品の表面を洗練された処理で美観を向上させますが、伸線と研磨の違いは、金属表面に新しい線を形成し、元の表面の欠陥を変更したり、異なる線を利用したりすることです。アルミニウム製品の金属の質感と美観を高めるための規則的で比較的均一なライン。
4.陽極酸化
日常生活で最も気になるのは、酸化と腐食です。それらが腐食すると、腐食による美観に影響を与えるだけでなく、腐食した部分も壊れやすくなり、全体的な安定性に影響を与えます。ここでは陽極酸化が不可欠です。処理する。陽極酸化は、アルミニウム製品の外観を改善するだけでなく、耐食性と耐摩耗性も向上させることができる表面処理プロセスです。アルミニウム材料を対応する電解液および特定のプロセス条件に配置することにより、電流がアルミニウム製品の表面に適用されます。酸化膜が形成されます。アルミニウム製品加工メーカーは、陽極酸化処理中にアルミニウム製品の表面をさまざまな色に酸化できるため、アルミニウム製品の成形方向がより多くなり、同時に酸化物層が緻密で脱落しにくくなり、アルミニウム製品の品質は安定していて耐久性があります。

Aluminum products from raw materials to processing and forming2

私たちが日常生活で接するアルミ製品は、丈夫で耐久性があるだけでなく、絶妙で美しいものです。このような効果を実現するために、メーカーが習得した加工・成形工程と切り離せません。もちろん、上記のプロセスがすべてではありません。メーカーは考えなければなりません。あらゆる種類のアルミニウム製品を製造するには、技術の選択も考慮する必要があります。ただし、それは常に同じです。慎重な鋳造と品質の追求は、メーカーがアルミニウム製品の生産において守らなければならない信条です。


投稿時間:2020年8月14日